水虫を予防する

フット

爪水虫という病気がありますが、爪は皮膚が硬化したものなので、この病気に悩んでいるのであれば皮膚科を受信することが大切です。
水虫は足や手に起こる病気ですが、これはダニの一種が引き起こしているものです。足に痒みをもたらす病気といえば水虫ということはよく知られているので、足の水虫について受診する人は多いです。
その他にカビが引き起こす水虫もありますが、カビは体のどこでも潜むもので、特に湿気が多い場所を好みます。そのため、足に多く棲みつくのですが、足以外にも爪やお腹、腕や脚に棲みつく場合もあります。
水虫はカビが皮膚の中に穴を掘り、そこに生息するというものです。爪水虫は爪にカビがしみつき、徐々に爪を侵食していきます。爪水虫になり、カビに侵食された爪は、徐々に組織が弱まっていき、ボロボロと崩れてしまうのです。

特に夏はサンダルなどを履き、露出が多いファッションを楽しむ季節です。このため、爪水虫があると足のオシャレをするにもどうしても躊躇せざるを得なくなってしまいます。
爪水虫が進行してしまうと爪が黄色になってしまい、ペディキュアを塗ろうにも色が表面に影響してきれいにみえません。しかも、爪水虫が進行した足は全体的にカビがすみつきやすい場所になってしまっているので、足に白い筋が何本もできてしまい、外に出すのがみっともないと感じてしまう人も多いです。
爪水虫にならないようにするには、まず足を清潔に保つことが大切です。カビが住みつく湿気が多い環境は、汚れが促進させてしまうので、一日に一度は足を洗い、足を乾燥した状態に保つ事が大事です。
寝る前に足を洗い、足についた水分をしっかりとれば、爪水虫は予防できます。

人気記事

診察室

保険適用か自費か

東京で赤ニキビを治療するのなら、まず保険内で治療できる皮膚科が良いのか、自費でも効果が高い治療が受けられる美容皮膚科が良いのか考えましょう。その上で、ホームページをチェックして、ニキビ治療への熱意が感じられる院長がいる個人病院を選べがかなり安心して治療が受けられます。

詳しく見る

足

皮膚や爪のトラブル

水虫は白癬菌というカビによる感染症です。日常生活で感染を予防する工夫は、入浴時に足を洗うこと、足や足の指の間を乾燥させること、清潔なバスマットを使用することです。水虫は自然治癒がほとんど不可能なので、皮膚科などの専門医を受診します。主な治療法は薬の内服と塗布で、根気よく続けることが必要です。

詳しく見る

医者と看護師

外用・内用薬中心の施術

港区には多くの皮膚科がありますが、施術は問診・視診・触診による診断による外用薬や内用薬の処方が基本です。ニキビ治療ではケミカルピーリングなどの施術、イボやほくろの治療ではレーザーによる施術も行われます。良性腫瘍や悪性腫瘍で手術が必要な場合は、一般皮膚科ではなく皮膚外科に行きましょう。

詳しく見る

ハート

肌の悩みを解決

肌のシミやしわ、また乾癬にアトピーなどで悩みを抱えておられる方は多数おられるでしょう。こうした悩みは美容皮膚科で解決できます。大阪にもクリニックがたくさんあります。

詳しく見る

Copyright© 2017 シミ取りは皮膚科に依頼|簡単に除去することが可能 All Rights Reserved.