皮膚や爪のトラブル

足

水虫の原因と治療法

水虫は、白癬菌というカビによる感染症です。白癬菌は手などにも感染しますが、ほとんどは足に感染します。白癬菌は生命力が強く、剥がれ落ちた皮膚の中でも菌が生きた状態でいます。水虫になった人の皮膚から剥がれ落ちた角質を素足で踏んでしまい、足に菌がついてしまうことによって感染がおこります。高温多湿という、菌が繁殖しやすい環境の中で、足に残った白線菌が洗い流されず、傷ついた角質から入りこんだ場合に感染が成立し、水虫になります。白癬菌は湿気の多いジメジメしたところを好みます。靴を長時間はくなど、足が蒸れた状態になっていることが多い人や、体温が高く汗かきな体質な人、また、糖尿病や免疫不全などの疾患がある人は毎晩お風呂できれいに足を洗い、足や指の間をできるだけ乾燥させるようにすることで感染の予防を心掛けるようにします。そして、入浴後に使用するバスマットも常に清潔なものにしておくようにします。白癬菌は、角質の内部へ侵入して寄生するので、白血球によって排除することができません。また、皮膚の新陳代謝よりもはやいスピードで侵食するので、自然治癒はほとんど不可能です。水虫が心配される場合は、自己判断せず、皮膚科などの専門医を受診するようにします。水虫の主な治療方法は抗真菌薬を服用したり、塗布したりすることです。かゆみなどの自覚症状もなく進行していることも多い水虫ですが、自覚症状が出るころには、白癬菌は角質の奥深くにまで浸透している状態になっていることが多いです。白癬菌は完全に殺菌しにくく、症状が軽減されたり、無くなったりしても治療を続けます。皮膚が新しく入れ替わる約1か月は治療を継続することが望ましいです。

人気記事

診察室

保険適用か自費か

東京で赤ニキビを治療するのなら、まず保険内で治療できる皮膚科が良いのか、自費でも効果が高い治療が受けられる美容皮膚科が良いのか考えましょう。その上で、ホームページをチェックして、ニキビ治療への熱意が感じられる院長がいる個人病院を選べがかなり安心して治療が受けられます。

詳しく見る

足

皮膚や爪のトラブル

水虫は白癬菌というカビによる感染症です。日常生活で感染を予防する工夫は、入浴時に足を洗うこと、足や足の指の間を乾燥させること、清潔なバスマットを使用することです。水虫は自然治癒がほとんど不可能なので、皮膚科などの専門医を受診します。主な治療法は薬の内服と塗布で、根気よく続けることが必要です。

詳しく見る

医者と看護師

外用・内用薬中心の施術

港区には多くの皮膚科がありますが、施術は問診・視診・触診による診断による外用薬や内用薬の処方が基本です。ニキビ治療ではケミカルピーリングなどの施術、イボやほくろの治療ではレーザーによる施術も行われます。良性腫瘍や悪性腫瘍で手術が必要な場合は、一般皮膚科ではなく皮膚外科に行きましょう。

詳しく見る

ハート

肌の悩みを解決

肌のシミやしわ、また乾癬にアトピーなどで悩みを抱えておられる方は多数おられるでしょう。こうした悩みは美容皮膚科で解決できます。大阪にもクリニックがたくさんあります。

詳しく見る

Copyright© 2017 シミ取りは皮膚科に依頼|簡単に除去することが可能 All Rights Reserved.